佐賀芸術環境の森「風遊山荘」のリフレクション写真1

まるで瑠璃光院?佐賀の「環境芸術の森」と見帰りの滝へ行ってきた

6月中旬、福岡で1日フリーな時間ができたので、あまり行く機会のなかった佐賀にドライブがてら行ってきました。

私は大学時代に福岡に住んでいたのですが、その頃は大分の由布院とか熊本に行くことが多くて、佐賀はほとんど足を踏み入れたことのない地域でした。行ったことがあるのは嬉野温泉と呼子くらいかな・・・。

当時はできなかった運転もできるようになったので、改めて行ってきました。

佐賀行き先の候補地

  • 環境芸術の森(いつか行きたかったところ)
  • 呼子のイカを食べる
  • 武雄の御船山楽園(チームラボのなんかがある)
  • 見帰りの滝(あじさい次第)
  • 浜野浦の棚田(田んぼに水が張られた直後が見頃)
  • 鏡山の展望台(天気良ければ)
  • 海中鳥居(ちょっと遠い)
  • 焼き物エリア(伊万里〜有田)

この中から、季節的にも良さそうだなと思った環境芸術の森見帰りの滝に行ったので、紹介しておきます。

環境芸術の森

GoogleMapはこちら

福岡市内から車で1時間ちょっと。まあまあ山道を登ったところにあります。ここは本当は紅葉が有名で、京都の瑠璃光院のようなリフレクションが見れるんですよね。

ただし、紅葉時期は駐車場に入るまでに2時間待ちもあるとか・・・。

今回は新緑の時期、朝早くだったので駐車場もガラガラでゆっくり堪能できました。

佐賀環境芸術の森駐車場

※駐車場はただの広場ですw

入園料は大人700円です。

佐賀環境芸術の森の入園料と開園時間

2021年6月現在、園内の観覧エリアはこんな感じでした。

佐賀環境芸術の森園内マップ

園内の入り口入ってすぐのところにある「風遊山荘」がお庭のリフレクションが楽しめる建物です。

ネタバレ?すると、部屋の内部はこんな感じになっていて、

佐賀芸術環境の森「風遊山荘」の室内の様子

リフレクションするのはこの漆のテーブル。テーブルにスマホやカメラを乗せて撮影するとこんな感じのリフレクションが撮影できます。簡単!

佐賀芸術環境の森「風遊山荘」のリフレクション写真1

写真に写っている椅子のある縁側部分は基本立入禁止(撮影する人の邪魔にならないように)なのですが、撮影していると気の利く係の方が「撮影しましょうか?」と声をかけてくれて、ここに座っているところを撮影してくれます。※紅葉時期は人が多くて難しいかもですが。

天気が良ければ青空を入れても

佐賀芸術環境の森「風遊山荘」のリフレクション写真2

ここが素晴らしかったので中の森はほとんど散策せずw、大満足でした。

見帰りの滝

GoogleMapはこちら

環境芸術の森からも近く、あじさいが素晴らしい場所とのことで寄りました。見帰りの滝の1キロ弱くらい前から駐車場があって、最初の駐車場に車をとめて滝まで歩きました。

滝までは川沿いに遊歩道的なのがあるんですが、めちゃくちゃ整備されてる道じゃないのでスニーカーじゃないとちょっと厳しいかも。天気が良くてもじめじめしていてぬかるみも多かったです。

道も細くてすれ違うのは立ち止まって人を避けないと無理って感じの。

ただ、この道沿いにもあじさいが咲いていて道中はお花を見ながらちょっとしたハイキング的に楽しめました。(私は森の中のジメジメが苦手なのでそれだけは我慢が必要だった)

佐賀唐津の見帰りの滝の遊歩道の紫陽花の写真

徒歩20分くらいの遊歩道を抜けると滝です。滝エリアは開けていて、滝どーん!です。

佐賀唐津の見帰りの滝と紫陽花の写真

滝から少し引いたところにあるあじさいを入れて滝とあじさいの撮影。滝付近は人が多くてどうしても人が入っちゃうんですがタイミング狙ってなんとか人を入れずに撮影できた1枚です。

戻りは車道を降りたのでさくさく駐車場まで戻れました。

唐津で海鮮を食べる

見帰りの滝から福岡に戻る道すがら、せっかくだから海鮮食べたいなーと思って唐津によりました。

といってもランチ時は過ぎてるし、あいてるお店がほとんどない・・・。なんとか探して見つけたこちらのお店(「寿し幸」)でちらし寿司をいただきました。

佐賀唐津の海鮮グルメ「寿し幸」のちらし寿司

この後、さらに福岡に戻る道すがら二見ヶ浦によったのですが、それはまた別の記事で。