雨晴海岸からの北アルプス夜明け前

絶景の極み!雨晴海岸の日の出を電車で見に行ってきた!

ここ数年ずっと見たかった景色、富山県にある雨晴海岸からの北アルプス!

私は北アルプスが大好きで短い夏の間にいくつかの山を登ったりもするのですが、見るのも好きなんですよね〜。

その北アルプスを海抜0mから一望できるのがこの雨晴海岸です。海から3,000m級の山々を見ることができるのは世界で3箇所しかないらしく、その一つがここらしいです。(あれ、富士山はどういう扱いなんだろうw)

北陸を旅する機会にぜひ訪れていただきたい!

雨晴海岸へのアクセス

JR氷見線「雨晴海岸駅」から徒歩数分という、ひとり旅&公共交通手段派にはありがたい場所にあります。高岡駅からJR氷見線に乗って20分弱という感じです。ただし、電車は1時間に1本しかないので時刻表はきっちりチェックしておく必要があります。

雨晴海岸撮影スポット

雨晴海岸撮影マップ

ざっくりこんな感じで紹介するのは上の2箇所です。

雨晴海岸の撮影スポット1

雨晴海岸といえば、この女岩という海から突き出た岩。この岩越しの北アルプス山脈が有名です。で、この女岩をどこから見るか(撮影するか)で写真の構図が全然変わります。

駅を出て左に進んでいくと踏切があり、その踏切を渡って海岸に降りたところで見えるのがこのビューです。

雨晴海岸

女岩の中腹くらいに北アルプスが見えます。これはこれで良いのですが、私は次の撮影スポット2が好きです。

雨晴海岸の撮影スポット2

雨晴海岸駅を出て右に進むと右折する小道(案内の看板があったはず)があって踏切を渡って海岸にでます。ちょっと遠回りして行く感じですね。

ここはコンクリで固められている展望エリアになっているので三脚も立てやすそうです。

ここから撮影すると・・・こんな感じで北アルプスが更に大きく見えます!

雨晴海岸のおすすめ撮影時間

昼間であれば午前中ではなく昼〜午後くらいがおすすめです。午前中は逆光になって山が見えづらい。ただ、私のオススメは早朝です!

雨晴海岸から昇る朝日を見る

私が行ったのは11月下旬。この日の日の出時間は6:36でした。前日に高岡駅付近に泊まっていたので始発で雨晴海岸へ向かいます。高岡駅から雨晴海岸へ行く氷見線の始発が6:00出発です。6:20くらいに雨晴海岸に到着。

雨晴海岸へ電車で行く方法高岡駅からの始発情報

撮影スポット2へ向かいます。夜明け前のこの空の感じもとても良く、だんだん明るくなってきます。

雨晴海岸からの北アルプス夜明け前

北アルプスの後ろから太陽が昇るので実際日の出時間から15分くらいで太陽が姿をあらわします。

太陽が出始めると一気に世界が黄金色に・・・!

雨晴海岸からの北アルプス夜明け

空も少し青くなってきて・・・

その後、撮影スポット1に移動してみるとこんな感じでした。

雨晴海岸からの北アルプス夜明け

帰りの雨晴海岸からの時刻表に合わせて高岡駅に戻る。(だいたい日の出前後30分ずつくらいあれば撮影時間としては十分かな〜と思います)

雨晴海岸の日の出前に電車で行ける季節

高岡駅の始発電車が朝6:00発。6:20分くらいに雨晴海岸駅につくとすると、日の出時間が6:15以降の時間が望ましいです。日の出時間調べると、11月初旬〜3月上旬という感じです。実際冬のほうが気嵐が起きたり空気が済んでいて撮影にも向いてますしね。

この景色はまたぜひ行ってみたい場所になりました。

富山に宿泊するなら、ドーミーイン富山がめっちゃおすすめです!