新潟へ女子ひとり旅で行ったところまとめ

前回の新潟〜佐渡旅の続きです。

土曜は日帰りで佐渡に行っており、日曜は新潟市付近をドライブして東京に戻る計画。

福島潟

新潟駅から車で30分ほどのところにある「潟」。新潟というだけあって新潟県内にはこういう潟といわれる湖沼が多いんですね。その中でもこの福島潟は新潟県内で最大。

とにかく広大なので、本気で見て回ろうとすると数時間かかりそうです。オニバス池が有名ですが花が咲くのは8-9月とのこと。私が行ったのは7月初旬だったのでここはスルーしました。

写真は水の駅「福島潟」の屋上から撮影したもので、こちらは入場料400円がかかります。福島潟方面だけでなく360度見渡せて田んぼ広がる田園風景も楽しめます。

湖沼の近くまで行くと、水鳥も観察できます。(小さくて分かりづらいけどw)

月岡温泉

私が新潟にいると知った東京の知人から「月岡温泉に行くべし!」との連絡があり、福島潟からも近かったので行ってきました。月岡温泉マイナーな温泉だと思ってたんですが実は泉質がよく度々温泉ランキング上位に入っているよう。

しかも池袋から月岡温泉直行バスまであるw!!

ランチと日帰り温泉しにいこうと行ったんですが、ランチをとれるようなところは皆無でかろうじて饅頭屋があったけど

さすがにお腹もすいてたのでなんとか見つけた月岡ブリュワリーでハンバーガーをいただきました・・・。車だからビール飲めないのが残念。

普通に美味しかった。(ハンバーガーって普通にみんな美味しいよね・・w)

立ち寄り湯

立ち寄り湯も数軒しか見つからなかったのですが、月岡ブリュワリーからも近い「東栄館」へ。歴史ある宿みたいですが最近リニューアルされたみたいでお風呂綺麗でした。立ち寄りも¥1,000(現金のみでしたが・・)

月岡温泉で有名な白玉の湯 華鳳は立ち寄り湯はやってないみたいで、食事付きの日帰りプランしか見当たらなかったんですよね・・・。

信濃川やすらぎ堤のミズベリング

新潟市内に戻り散策していて見つけたのですが、信濃川の堤防に期間限定のアウトドアラウンジがオープンしていました。

Snowpeakがプロデュースしているようで、河川敷にはスノピのタープとチェアが設置されています。

堤防の方にはお店がいくつか並んでいて、それぞれテイクアウトしてタープ席で食べてもいいし、各お店のテラス席でも飲食ができます。ミズベリングに出店しているお店ならどこのお店のテイクアウトでも良いらしい。

左がタープエリア右がテラスエリア

運転も終わったので、信濃川を見ながら一杯飲みます。

信濃川で飲む隅田川ブリューイングw

テラス席ではベトナム人?の若者グループが宴会中でギターを片手にめっちゃ異国の歌を歌うw。なのでメコン川で飲んでる気分も味わえましたw。

新潟でひとり飲み1〜腹ぺこ むっこ〜

佐渡から戻ってきた日の夜ですが、GoogleMapで探して良さそうだなと思ったこちらのお店へ。古い雑居ビルの3Fという、ふらっとは入りづらいお店。だからこそ常連さんが多いタイプのお店です。

女性オーナー「むっこさん」が切り盛りするお店で、付かず離れずの距離感の接客がとてもちょうどよいです。

新潟でひとり飲み2〜弁慶の泣き処〜

前日の佐渡でも行った「弁慶」のこちらは回転寿司じゃない業態のお店。愛読するブロガーさんが紹介していて気になって訪問しました。

新潟駅近くにあって、カウンターメインのお店なので一人でさくっと来やすいです。

ここでもカワハギの肝のせを・・・

大満足〜。

この旅行のあとにも「新潟でランチのチャンス」があってまたここに行きましたw.平日だったのでお酒は我慢してランチのにぎりセットいただきました。(さらにカワハギ肝のせを追加・・w)

まとめ

行ったことのないところをひねり出してなんとか1日をつなぐことができたけど、次回また新幹線ガチャで新潟が当たったらもう食べ物以外のネタがないなw。

温泉めぐりかな。

新潟日帰り温泉パラダイス2023-2024

新潟日帰り温泉パラダイス2023-2024

999円(05/22 20:57時点)
Amazonの情報を掲載しています