フェスできるキャンプ場「REWILD MUSIC FES CAMP」に行ってきた

2020年6月にオープンしたばかりの「REWILD MUSIC FES CAMP」に行ってきました。昨今ソロキャンがブームですが、ここはグルキャンに超最適!

REWILD MUSIC FES CAMPとは

REWILD MUSIC FES CAMP

千葉県勝浦市にある音楽を楽しむためのキャンプ場。キャンプ場って音楽NGのところが多いのだけど、ここは持ち込みスピーカーで音楽かけてもOKだし、広い芝生エリアにはステージがあって、事前に連絡したうえでステージを使わせてもらうこともできます。

今年はコロナの影響で行こうと思ってたフェスは軒並み中止。太陽の下でビール飲みながら音楽聞きたいよ〜って探してたら出会ったのがここです。

REWILD MUSIC FES CAMP公式サイト

とにかくただ広くて開放的

キャンプ場は、高台の上にあるグランピングエリア、川沿いでステージからは遠いファミリーエリア、メインの芝生エリアにあるミュージックエリアの3エリアに分かれています。

REWILD MUSIC FES CAMPは広い芝生

駐車場がすぐとなりにあるメインのミュージックエリア

オートキャンプ場ではないので車はキャンプサイトに入れませんが、駐車場からキャンプサイトはすぐ近くで、荷物を運ぶためのカートも無料で借りられるので特に問題はなかったです。

フェスに来ているように常に音楽が流れるキャンプ場

REWILD MUSIC FES CAMPのステージ

このキャンプ場の一番の特徴はやはりこのステージ。昼過ぎくらいからはずっとDJが懐メロとか流してて会場には常に音楽が流れ、夕方からはバンドの生演奏。(バンドはハイスタのコピーとかやってたw)

ステージを遠目にBBQやるのとか、RSR fesを彷彿とさせる。とても良い。

REWILD MUSIC FES CAMPは演奏自由

フジロックのアバロンを100倍くらいに薄めたようなステージ

夜は焚き火しながら弾き語りしているグループとかもいて、フェスさが増す。会場が広いからか周りの音がうるさいっていうようなことはなかったですね。

施設設備が新しくて気持ち良い

オープンしたてのキャンプ場なのでトイレや洗い場、レンタル品もとてもきれいです。調理器具をガシガシ洗うのを憚られるオシャでキレイな洗い場↓(正直機能性には欠けるw)

REWILD MUSIC FES CAMPの水回りは若干貧弱

冷房の効いてる管理等内にトイレがあります。

REWILD MUSIC FES CAMPの管理等はエアコン完備

グループでわいわいやるのにはピッタリ

私達が行った日は40人くらいのお客さんでしたが、通常期は200〜300人を迎える予定とのこと。キャンプファイヤを囲んでみんなで踊ったりする予定らしいw。夜遅くまでノリの良いスタッフの方がお酒を販売してたりして海の家っぽい雰囲気もある。悪く言えばチャラいw。

REWILD MUSIC FES CAMPドリンクも売ってます

ドリンクメニュー

買い出しは大多喜のいなげやかベイシア勝浦

市原鶴舞で高速を降りてからキャンプ場までにあるのがおおたきショッピングプラザ・オリブ内のいなげや。ショッピングプラザ内に酒屋さんもあるのでお酒も食材も手に入ります。

私達は荷物が多すぎたのでいったんキャンプ場で荷物を降ろして勝浦のベイシアに行きました。ベイシア勝浦めっちゃでかいw。なんでもあるし安い。炭も売ってます。

キャンプ帰りに「つるんつるん温泉」で立ち寄り湯

最寄りの立ち寄り温泉がつるんつるん温泉。最寄りと言っても車で5分くらいあるので歩いて気軽には行けない。本当は夕方にふらっと行きたいところだけど翌日の帰りがてらに立ち寄りました。

REWILD MUSIC FES CAMPの帰りにはつるんつるん温泉

ALL現金のみという昭和スタイルの温泉です。

補足情報

何故かオフィシャルサイトに記載ないのですが、チェックアウトは10:30です。ほんとはもうちょっとゆっくりしたい。

レンタル品の中に「テーブル」があるのですがテーブルだけは事前予約ができない。グランピングとか他のプランでの付属品なのでその予約が入らず余っていれば当日借りられる。

キャンプサイトは全面芝なので焚き火をやる場合は耐燃性のマットみたいなのを敷く必要がある。

来年あたり仲間がここでフェスやるって言ってるので楽しみです。